私の親、サラリーマンです。

zdiepn5um2.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)

 山口県岩国市の山陽自動車道玖珂―岩国インターチェンジ(IC)間上り線で23日夜、軽自動車が逆走し、運転していた岩国市本郷町本郷、無職増野義雄さん(82)が死亡した。

 警察庁によると、高速道路の逆走事故は2009年に16件(前年比1件増)起きており死亡者は4人(同3人増)。うち10件は65歳以上の高齢ドライバーによる事故だった。東日本・西日本高速道路によると、事故に至らなかったケースも含めると、逆走は08年に701件(同5件増)発生している。

 西日本高速道路によると、高速道路に入る際、インターチェンジ(IC)の料金所通過後にある分岐で、目的地とは違う進入路に入ってしまい、引き返してくるケースが42%と最も多い。さらに本線上まで入ってから目的地とは違う方向に走っていることに気付き、Uターンして逆走したのが36%と続く。サービスエリア(SA)やパーキングエリアで、入り口から本線に逆戻りするケースも22%ある。

 同社によると、逆走事故の47・7%は65歳以上の高齢ドライバーが占め、一般の交通事故で高齢者が占める割合(4・8%)を大幅に上回っているのも特徴だ。ほとんどの場合、勘違いや不注意が原因だという。

 鹿児島市の指宿スカイラインでは今年1月7日、IC付近を逆走した男性(82)の乗用車が2台の乗用車と相次いで衝突、男性は死亡、4人が重軽傷を負った。同18日には、熊本県氷川町の九州自動車道で、軽自動車の78歳女性がSAから本線を約13キロ逆走。女性は高速道を運転している認識すらなかったという。

 逆走事故の多発を受け、西日本高速道路では、管内のICやサービスエリアの出入り口などに約430基のセンサーを設置、逆走を感知すると表示板に「逆走もどれ」などの警告が表示される。また自動車メーカーと連携し、逆走すると車内に音声で警告を出すカーナビゲーションシステムなどの開発も進めている。

 同社の担当者は「道路の安全対策などの整備は進めているが、一番の防止策はドライバー自身が注意を怠らないこと」と話している。

荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定−大阪地裁(時事通信)
<家賃100円>1DK1カ月限定で 大阪・千林商店街企画(毎日新聞)
<恐竜>豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初(毎日新聞)
亀井郵政改革相 郵貯限度額「修正せず」 郵政非正規社員と交流(産経新聞)
恵みの海 つめ跡深く 津波1カ月、苦境の被災漁業者(河北新報)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-31 10:43

細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)

 細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会(田中美紀代表)は3月23日、ワクチンの定期接種化を求めて約4万人分の請願署名を衆参両院議長に提出。その後厚生労働省を訪れ、長妻厚労相に要望書を手渡した。

 長妻厚労相あての要望書では、▽ヒブ(Hib=インフルエンザ菌b型)、肺炎球菌による細菌性髄膜炎を定期接種対象疾患(一類疾患)に位置づける▽ワクチンの医学的な必要性の明確化と有効性の確認のため、ワクチン関連疾患の原因病原体別発生頻度について全数把握を行う▽感染症対策やワクチン施策を迅速かつ円滑に行うため、現在の審査組織を改善し、小児市中感染症の専門家、ワクチン接種者の代表を加えた委員会および審査組織を構築する―の3点を求めている。

 同会が衆参両院議長に提出した請願署名は、過去3回分を合わせ、累計で約20万人分となった。


【関連記事】
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省
法改正も視野に予防接種部会を開催―厚労省
無菌性髄膜炎の集団発生、今年は早い?
はしかワクチン、中1らの定期接種継続を―保団連
乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン、定期予防接種に

高崎山リーダー猿、在位最長記録を更新(読売新聞)
首都圏JR 架線トラブル 一時大混乱 4700人が列車内すし詰め(産経新聞)
首相動静(3月26日)(時事通信)
「ヤミ専従」北海道開発局4119人処分へ(読売新聞)
<ホンヨモ!セッション>南沢奈央さん、読書の魅力語る(毎日新聞)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-29 10:16

埼京線と湘南新宿ライン全線再開=JR東(時事通信)

 JR東日本によると、埼京線と湘南新宿ラインは午後10時44分に全線で運転を再開した。 

東名64キロ、関越50キロ 3連休最終日に激しい渋滞 (産経新聞)
<大塚副内閣相>法人税率引き下げ必要 消費税率上げも言及(毎日新聞)
カルト対策で連携強化=78大学が情報交換−入学シーズンは要注意(時事通信)
国松元警察庁長官銃撃、未解決で捜査を終結(読売新聞)
空き巣容疑の50歳男逮捕=被害200件、5000万円か−警視庁(時事通信)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-26 21:36

<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)

 群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」で入所者10人が死亡した火災で、業務上過失致死罪で起訴されたNPO法人「彩経会」理事長の高桑五郎被告(85)が保釈され、2月10日の逮捕以来初めて毎日新聞の取材に応じた。「とにかく申し訳なかった」と改めて謝罪する一方、入所者の避難を妨げたとされる施設内の施錠を「必要悪で致し方ない半面もある」と話した。焼失を免れた別館は今も高齢者3人が入所しているといい、「今月中に理事会を開き、新理事長に施設を引き継いでもらいたい。それが亡くなった方へのご奉公」とも語った。

 高桑被告は前橋地裁の決定に基づき、保釈保証金100万円を納付。今月15日に保釈された。白いワイシャツにグレーのスーツ姿で取材に応じ、口調や足取りはしっかりしていた。拘置中は寒くて腰が痛くなり、車椅子を使っていたという。

 施設の避難経路にある引き戸などを南京錠で施錠していたことに高桑被告は「鍵を付けても、外せる形を取れば良かった」としながら「徘徊(はいかい)の人はそういう形で(施錠)しなければ危険性がある。苦しい立場だった」と語った。

 また、施設の増改築に燃えやすいベニヤ板などを用いた点は「人を受け入れるためにやった。応急の措置だと思っていた」と説明。「安全性を顧みなかったのか」と問われると「なかった」と答えた。

 東京都墨田区の生活保護受給者などを多く受け入れた理由は「行く所がないから入れてあげたいと思った。経営を安定させる目的はあった」と話した。【奥山はるな】

【関連ニュース】
札幌ホーム火災:居間のストーブから洗濯物に引火か
群馬たまゆら火災:理事長、施設長を起訴 業過致死罪
社説:介護施設火災 悲劇防ぐ手立て早急に
老人施設火災:理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑
老人施設「静養ホームたまゆら」火災

貨物機炎上 事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)
<地震>茨城県で震度3=午後7時27分(毎日新聞)
仙谷氏、公務員の幹部人事を当面凍結(産経新聞)
SOPHIAがライブ活動休止(時事通信)
首相動静(3月18日)(時事通信)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-24 20:40

<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)

 12日午前9時半ごろ、新潟市東区寺山のJR東日本新潟支社新潟新幹線車両センターで、停車していた新幹線車両から「不審な液体が見つかった」と110番通報があった。消防車23台が駆けつけ、現場は一時騒然となったが、約2時間後に液体は水だと判明した。

 江南署などによると、液体が見つかった車両は、前日午後11時51分に東京から新潟に到着した最終電車「MAXとき353号」で、定期検査のため基地に停車していた。検査をしていた社員が6号車後部デッキ付近で、縦10センチ、横10センチのビニール袋に入った液体を発見し通報した。【塚本恒】

男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁(産経新聞)
普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
<医療費回収不能>小樽市職員が自費で補てんへ(毎日新聞)
<天皇陛下>東ティモール大統領と会見(毎日新聞)
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談へ(産経新聞)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-20 15:52

「円天」詐欺事件、L&G元会長に懲役18年 東京地裁判決(産経新聞)

 疑似通貨「円天」を使った健康寝具販売会社「エル・アンド・ジー」(L&G)の巨額詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われた同社元会長、波和(かず)二(つぎ)被告(76)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。山口裕之裁判長は求刑通り懲役18年を言い渡した。

 検察側は「波被告は経営方針や資金集めのシステムを自ら考案した。3万7千人から1285億円を集めた他に類を見ない空前の大規模詐欺で、自身も巨額の利得を得ていた」と指摘していた。

 弁護側は「事業は結果的に失敗しただけで、会員をだますつもりはなかった」と無罪を主張。波被告も「『円天』制度が世界各国で採用されれば詐欺でなかったと証明される」と潔白を訴えていた。

 起訴状によると、波被告は平成18年7月〜19年1月、収益がなかったのに「年36%の利息と元本保証を約束する」など虚偽の説明をし、31人から計約3億2700万円を詐取したとされる。

 事件をめぐっては、波被告のほか、元幹部21人が起訴され、1審東京地裁はいずれも波被告との共謀を認め、有罪判決を言い渡していた。うち15人が控訴した。

【関連記事】
悪質ファンド対応でチーム結成 警察と金融庁、証券取引監視委
波被告に懲役18年求刑 L&G「円天」巨額詐欺
円天&組長コンペの細川たかしは「派手なこと自粛」
L&G元幹部らに有罪判決 波元会長との共謀認める
L&G巨額詐欺事件 「だましてはいない」と否認 元会長の波被告

海賊版防止へ日中協力 覚書交換 定期協議や人材交流(産経新聞)
雑記帳 刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山(毎日新聞)
<青森強盗強姦>1審支持 2審も実刑判決 仙台高裁(毎日新聞)
高校無償化、子ども手当の2法案、衆院通過へ(産経新聞)
危ない投資話に注意! =「必ずもうかる」、被害増加−HPで呼び掛け・警視庁(時事通信)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-18 19:00

「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足(医療介護CBニュース)

 AID(非配偶者間人工授精)によって生まれた人や研究者らでつくる「第三者の関わる生殖技術について考える会」が、このほど発足した。今後、同会では、AIDや代理懐胎といった第三者がかかわる生殖技術について、社会的議論を喚起するための集会や勉強会などを実施する予定だ。

 同会は、AIDをはじめ卵子や胚の提供、代理懐胎など、第三者がかかわる生殖技術について、その問題点を明らかにすると同時に、実施の是非を問い直すことを目的に設置された。

 3月11日の厚生労働省内での記者会見には、AIDによって生まれた人のほか、慶大の長沖暁子准教授や帝塚山大の才村眞理教授が出席。AIDについて、▽意図しない近親婚の可能性が高まる▽正確な遺伝情報がないため、適切な治療が受けられない可能性がある▽大人になってからAIDによって生まれたことを知り、アイデンティティーを喪失したり、親への信頼感を失う人がいる―などと指摘した上で、「こうした問題を置き去りにしたまま行われ続けているAIDには反対する」(長沖准教授)などと述べた。


【関連記事】
介護人材の確保・定着に149億円―来年度職業安定局予算案
昨年度の不妊治療費助成、7万2千件で過去最多
10年度概算要求は26兆円超―厚労省
医療・介護は「新たな成長産業」―民主マニフェスト確定版
「不妊治療」へ新発見

<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
<地震>福島県浜通りで震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)
民家全焼1人死亡 千葉・市原(産経新聞)
<違法献金>小林議員から参考人聴取 札幌地検(毎日新聞)
<東京大>論文に虚偽記載、教授を懲戒処分(毎日新聞)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-17 04:16

<中2自殺>「いじめ確認できず」…東京・清瀬市教委(毎日新聞)

 東京都清瀬市立中学2年の女子生徒(14)が飛び降り自殺した問題で、市教育委員会は10日「女子生徒が継続的、一方的に攻撃を受けるような状況は確認されなかった」といじめを否定する報告書をまとめた。

 報告書によると、親しい友人の間で「うざい」などと悪口を言い合っていたことはあったが、女子生徒が仲間はずれにされている様子などはうかがえなかったという。また教員への調査でも、自殺する直前も女子生徒は普段と変わった様子はなかったという。

 既に報告を受けた女子生徒の両親は「なぜ彼女が自殺するまで絶望したのかが分からない」と話し、継続的な調査を求めている。女子生徒は2月15日朝、市内の自宅マンションから飛び降り自殺した。

【関連ニュース】
鹿児島中2自殺:いじめが原因か 学校のアンケートで浮上
自殺:鹿児島で中2男子死亡 遺書なく学校で原因調査へ
中2自殺:「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪
中2自殺:いじめ示唆のメモ公開 市教委は「確認できず」
中2自殺:いじめか? 手紙でほのめかす 東京・清瀬

たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収−財務省(時事通信)
<新潟市美術館>館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)
将棋の有吉九段1000敗(産経新聞)
<首つり>自宅倉庫で中2男子、いじめで自殺か 鹿児島(毎日新聞)
日露首脳で会談重ねる…北方領土問題で外相(読売新聞)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-13 02:35

母親の遺体を放置容疑「年金欲しくて」(読売新聞)

 同居する母親の遺体を自宅に放置していたとして、兵庫県警網干署は2日、同県姫路市網干区垣内本町、会社員小西泰光容疑者(41)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 小西容疑者は「年金が欲しくて放置していた」と容疑を認めているという。

 発表によると、小西容疑者は昨年2月頃、自宅で母文江さん(75)が死亡したにもかかわらず、遺体を居間に放置していた疑い。

 遺体は布団をかぶった状態でミイラ化していた。同署は、文江さんが死亡した経緯を調べる。

 窃盗の疑いで同署に逮捕された小西容疑者の兄(52)が、母親の遺体が放置されていることを供述したため、同署が1日夜に捜索、遺体を発見した。

<カネミ油症>民主、被害者救済の法制化を検討(毎日新聞)
朝鮮学校など視察=高校無償化で−衆院文科委(時事通信)
「大型連休分散」11年にスタート? 渋滞緩和で「もっと旅行して!」(J-CASTニュース)
<日本アカデミー賞>鳩山首相が授賞式に出席 上機嫌で祝辞(毎日新聞)
建築基準法見直しへ議論開始=今夏めどに報告−国交省検討会(時事通信)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-09 15:46

すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震(産経新聞)

 南米チリで日本時間2月27日に発生したマグニチュード(M)8・8の地震で、気象庁は1日午前10時15分、青森県から茨城県の太平洋沿岸と高知県に出ていた津波注意報を解除した。これで、地震の影響による津波に関して出された警報・注意報はすべて解除された。

 また、気象庁の関田康雄・地震津波監視課長は1日午前、会見を行い、「津波の予測が過大であったこと、警報・注意報が長引いたことをおわびしたい」と謝罪した。

 気象庁は先月28日朝、青森県太平洋沿岸と岩手県、宮城県に対し、高いところで3メートル以上の津波が予想される大津波警報を、そのほかの太平洋沿岸全域などに津波警報を出した。

 津波は同日午後に北海道から沖縄県の太平洋沿岸を中心に到達。岩手県の久慈港と高知県の須崎港で1・2メートル、仙台市の仙台港と鹿児島県の志布志港で1・1メートルの津波が観測されたものの、それ以上の大きな津波は到達せず、多くの地点で気象庁の予想を下回った。

 関田課長は「単純ミスや判断ミスはなかったと思うが、結果的に予想より津波が小さかった。今後、どのような予報が最善だったか検討していきたい」と述べた。

【関連記事】
チリ巨大地震 津波の高さ 測定方法は?
前代未聞…大津波警報でオープン戦が中止
チリ巨大地震 17年ぶり大津波警報 「規模+位置」日本に波及
チリ大地震死者は708人に 大統領が確認
チリ巨大地震 津波防災へ教訓生かそう

特別交付税、算定・配分方法など見直しへ(読売新聞)
<鳩山首相>朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で(毎日新聞)
津波警報に切り替え=大津波警報の東北3県−気象庁(時事通信)
鈴木宗男氏の訪露で調整(産経新聞)
岩手・久慈で最大波120センチを観測(産経新聞)
[PR]
by qnzlo6ykjm | 2010-03-08 08:46
line

サラリーマンも結構大変なんです。


by qnzlo6ykjm
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite